ホテル

箱根 佳ら久

 

At: 箱根 強羅

小田原駅から旅館のシャトルバス有り(45分)

Price 100,000〜

 

女二人旅で強羅 佳ら久 行ってきました。

小田原駅からシャトルバスに乗り旅館まで。 バスは小さいワゴンで満タンでした。強羅は奥という事もあり、後半は大分山道で友達は着いた時には結構車酔いしていたので、弱い方は小田原かた箱根鉄道で強羅まで行くか(45分) 、酔い止めオススメします。

まず着いて、なんとも綺麗な事。オープンして3年という事もあり、とても綺麗でモダンな旅館でした。

2Fにラウンジがあり、夜遅くを除いてずっと開いていて、軽いスナックとドリンク飲み放題でした。

セイボリー系4、5種とスイーツ4、5種ありました。他にもチョコ、ナッツ、おせんべい。

飲み物はしっかりしたウイスキー以外は全部無料です。

私達はお酒飲めませんが、ネスプレッソがあったので、カプチーノを頂きながらゆっくりしました。

時間によっては混んでますが、空いていたらとても良い感じ。

私達が泊まったのは4Fだったのですが、ここの旅館は作りが複雑で、何回もエレベーターを使う感じでした。

さてお部屋。

女二人旅には最高です。

露天風呂もいい感じです。

お部屋の中には電子お香(?)みたいなものがあり、これが香りが凄く良くて落ち着きました。

スピーカーもありました。

冷蔵庫にはお水と美味しいみかんジュースが。

さてお楽しみのご飯ですが、鉄板焼きグリルと和食が選べて、私達は和食にしました。

可愛い小鉢が並んだ前菜や

お刺身。

手前の牛肉、うに、キャビアの一口は1000円で追加しました。

お肉は和牛とイノシシでした。

こちらの旅館はお魚とお肉料理がアップグレード式になってました。

私達はアップグレードしませんでした。

お料理は全体的に綺麗なのですが、、

全て冷めた状態でした。

お米も土鍋炊きでもちょっとパサついていて。

 

デザートは美味しかったです。

 

最近思うのは、オシャレに振り切った旅館さんはお料理で満足いく事が無いなと。。。

逆に老舗でしっかりやっていますという方がお料理はちゃんとその地の物を使って全て満足いく事が多いです。

そして朝ごはん。

朝ご飯も、、、期待以下ではありました。朝ごはんに鯖が出てきた事はあまり経験にないのですが、こちら冷めてて皮もくっつき、パサパサで骨がいっぱいあり、それがまたしっかりしていて鋭利で痛いのなんのって(笑 二人とも残しました。お椀物だけ美味しかったかな?

最後お部屋の露天風呂入って名残惜しいですが、旅館を後にしました。

お料理はまずまずでしたが、サービスもとっても良くてスタッフさんの感じも凄く良くて、場所として最高でした。

朝は霧が凄く、それもまた幻想的でした。生憎の天気でしたが気にならない程最高な時間を過ごせました。

また機会があれば行きたいです。

(強羅までの道は坂が凄く、カーブの度に車の下をバリバリ擦ってました。自家用車で行く際は車高が普通以上に高くないと傷がついてしまいそうです。)